何故、真夏にスポーツの祭典

 8/1 何故、真夏にスポーツの祭典

真夏にスポーツは

猛暑日にスポーツは

熱中症

警戒レベル

MAXの夏に

1964年10月10日

覚えている方も沢山

いられるでしょう

どうして

10月10日

だったのか

何故

10月10日を

スポーツの祭典

東京オリンピックの開催日に

したのか

過去のデータの中でも

一番

雨が降らない日を

選んで

開会式としたそうです

その後

10月10日は

「体育の日」と成っていた

しかし

政治家により

日にちが変更され

色んな祝日に

意味合いが有ったであろうが

只の

都合上とやらで

2000年より

10月の第2月曜日と

成った

他にも

敬老の日

成人の日

等々は

政治家の都合上で

変更に成っている

しかし

日本の

体育の日は

10月です

なのに

これは

学校の都合上

運動会

体育祭

等は

春の祭典と成っている

私は

年齢的には

昭和の真ん中の生まれ

それからしたら

やっぱり

秋の祭典で

有って欲しい

そんな願いより

2020の

東京オリンピックです

今から55年前は

スポーツの秋の祭典で

最高のシーズンでした

世界中の

経済的な影響から

選手ファーストから

スポーツの祭典は

経済ファーストに

成っちゃった

のね

しかし

オリンピック憲章と

今回の

東京オリンピックの

開催が

商業ベースで

7月15日から8月31日までの期間中に

開催されなければ

経済的効果に

影響を及ぼす為に

東京オリンピック

招致の時点で

真夏の開催を

変更出来なかった

らしい

これらは

やはり

オリンピック憲章の定め

権利と自由

からは

あまりにも

逸脱しているかも

何はともあれ

真夏の開催の

甲子園は

どうなの!?

野球は

攻撃

守備

と、

必ず二分化していて

ベンチでの

休憩もある

しかし

オリンピックの

マラソンランナーには

2時間以上の

炎天下での

継続的な

戦いが続く!!

その他の

協議にしても

真夏のオリンピックでの

過酷さは

選手だけでは無く

応援する側にも

熱中症のリスクは

有りますから

熱中症を

回避する

方法も

ちゃんと

調べて

対処していきたい

思っています

やはり

暑さと

湿気で

蒸し暑いは

けっこう

辛いですよね

ここで

熱中症対策の

一案を伝授します♪

簡単ですが

効果

抜群!!

冷蔵庫程度で

冷やした

ペットボトルに

入った

飲み物を

手で持って

持ち歩く

別に

歩かなくても

大丈夫ですよ♪

身体を冷やす時

冷たい物を

おでこ

脇の下

内もも等に

当てますが

それよりは

手のひらに持っている

これが

一番

身体を冷やす効果が

有り

一番

熱中症の予防に

成るそうです

しかし

冷凍庫等々で

キンキンに

氷らした物は

ダメ  ダメです!!

ペットボトルが

少しずつ

ぬるく成って来ても

25゜C位でも

十分らしいですよ

冷た過ぎはダメらしい

極端な例ですと

水分と塩分を補給しなくても

汗を

余りかかないので

大丈夫らしい

でも

水分は補給しましょうね♪

今年の夏は

急激な夏ですから

来年の夏の

オリンピックより

今年の夏を

越さない

来年どころでは

ありませんからね

まずは

今年の夏を

乗りきって

来年の

2020

東京オリンピックの

私は

出来たら

応援を

でっかいTVで

観ながらが

最高かも!?

ごめんなさいm(._.)m

 

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です