弱肉強食なんだ

11/01 弱肉強食なんだ

貴方は今日

何を食べましたか

貴方の今食べた物が

貴方の身体を造る

そうなんです

食べなければ

身体は

存在しなくなる

食べてはじめて

身に付き

生きていける

全ての

生命が

我々が見ている

蟻さんよりも

小さな

微生物さんも

より

小さな物から

栄養分を

いただき

生きている

なにがなんでも

生きるには

食べ物を

他の物の

命を

譲って頂くしかない

その生命の

源が

大地であり

大海原である

海からの生命が

何億年もの

歳月をかけて

変化し

進化して

何と1億1100万種以上の

生命体が生存しているらしい

例えば

我々が食べる

しらす丼なんか

どれだけの

子供たちを

頭から食べてるの

鯨君は

一回

口を大きく開けるだけで

どんだけの

プランクトンを

食しているのか

計り知れない

生命体の数と

何故に

あらゆる生命体が

命の連鎖をしなければ

成らないのか

不思議である

そう考えると

弱肉強食となるが

我々

人間は

何故に

霊長類と言って

我々を食べる

生命体は

現在では

海山での

不慮の事故以外では

あり得ない

しかし

以前ニュースにも

成ったが

牛で狂牛病とやらが有った

それは

牛の餌に

牛コップンと言って

牛の骨肉を刻み入れて

餌にしていた

事実が有った

それは

同種の物が

同種を食してはいけない

それが我々に

伝えられた

情報で有った

それからしても

我々人間は

他の種とは違い

他の種は

冷たい物は

冷たいまま

常温の物は常温のまま

決して

煮たり、焼いたり

温めたり、冷やしたり

味付けをしたり

そんな事は

しないし

そこに彼らは至っていない

では

何故に

人間だけが

この地球上において

食べ物に対しては

煮炊き等の加工

生活には

衣、住

その他

色んな事に

変化を求めて

行動して

最終的には

金欲の為に

命をかける

人間以外の

生命体は

その

生命じたいが

他の種族の為に

存在している

その様に思えるが

ただただ

人間だけが

同種で争い

同種で

命を奪い合う

何故に

それは

現在の

現代社会の中では

お金の為に

所詮

死ぬとき

持っていけない

お金の為に

争いごとを

なんと

はかない事

でしょう

産まれた時は

裸ん坊

死ぬときも

裸ん坊なのに

全ての

名誉も

はかない

過去にしか

それよりは

今を

楽しく

喜び

生きる方が

幸せかも

自然界での

弱肉強食には

訳がある

私達も

お金に縛られ無い

楽しい毎日に

したいと思います

感謝して

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。