一番凄いの、お母さん

8/1  一番凄いの、お母さん

昔のお話し

第二次世界対戦で

日本軍はなんと

自分たちの身を呈して

飛行機共々に敵機に

突撃する

特攻隊が有ったそうです

自ら命をもって敵機に

追突し敵機もろとも

撃退する

凄まじい戦いです

でも、

その出兵の時には

誰しもが

(お母さん)

(母ちゃん)

だったそうです

やはり

産みの親

お母さんへの

想いが

死のまぎわで出る

言葉の重さを感じます

実は

私の父も

鹿児島、知覧の

特攻隊でしたが

出兵前に

敗戦と成り

私が産まれる事と

成ったのです

まだ

私が産まれた

昭和30年頃は

田舎でしたから

電灯、電気がやっとでした

有ってもラジオくらい

お婆さんも

お母さんも

朝から

薪割りして

水汲みして

火おこしして

ご飯に味噌汁

おかずをこしらえて

ようやく

朝飯

洗い物は下に流れる

川の水で

洗濯は

たらいに洗濯板

掃除は

先ずは

はたきをかけて

ホコリを落としてから

ホウキをかけて

からの

雑巾がけ

それから

野良仕事して

早めに

昼飯の用意して

ちょっとその前に

朝10時の

おやつの用意

昼飯が終わっても

後片付けして

今度は

3時のおやつの

用意して

片付けして

夕飯の用意しながら

昔の五右衛門風呂の用意

薪割りして

風呂を沸かして

夕飯を片付けて

昔の

暗い電灯の中で

継ぎはぎだらけの

衣服の継ぎはぎと

その他の裁縫

その合間に

私は

寝かしつけられて

その後も

お母さんは

なにやら

夜なべしてた

らしい

私が

物心付く頃は

ほとんど

お婆さんに

遊んでもらっていて

畑や山へも

お婆さんと一緒でした

こうして

振り返ってみると

やっぱり

母ちゃんは

凄かったなぁ

私が

成人して以降

頑固者の親父と

思っていましたが

母ちゃんは

それを

遥かに越える

頑固者でしたが

母ちゃんの

凄さを

実感しています

本来

女性は

か弱いと

言いますが

本当は

産みの母は

強しですね

母ちゃんに

感謝

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。