生き物としての意味

7/1  生き物としての意味

虫けらと

言う

獣(けもの)と

言う

細菌と

言う

中でも

善玉だ

悪玉だ と

言う

寄生虫と

言う

カビと

言う

小さな  小さな

微生物

植物達

動物達

その中で

我々は

人間って

言って

地球上の中で

一番優れた

進化した

生き物と

位置付けて

教育されて

生きてきている

しかし

本当に

そうなのか

我々

人間は

大まかに分けて

白人、黒人、黄色人種と

3分割される

しかし

私が思うに

同族の人間だ

しかし

世界中からは

全く違う見方がでる

だからこそ

奴隷制度が

まかり通っていたし

未だに無いとは思えない

しかも

同族でありながら

殺し合いを

平気で行う

尚且つ

武器まで

造って

戦争だ

地球上で

私は思うが

一番

情けない

非道な

生き物が

人間のように

思えてならない

例えば

アリは

アリと

戦い食べるかな

蜜蜂は

他の蜂と

争って

食べたりするかな

他の動物

他の植物

他のけもの

他の微生物

菌やカビだって

戦いをするので

しょうか

多分

地球上に

存在する

我々以外の

生命有る

生き物は

地球上の

自然の倫理で

生かされていて

我々以外の生き物は

共存共栄にて

自然の営みを

果たしていると

思っています

もうそろそろ

兵器だけで無くて

科学技術による

殺人の道具

核、爆弾、拳銃等の武器弾薬から

薬、ワクチン、誹謗中傷、集団的な圧力等と

おさらばして

子宝をみんなで

喜び合い歓喜して

育てていく

明治初期までの

自給自足にて

地産地消の食べ物を

皆んなで

分け与えられて

早く

肥料を

人糞に戻せる日が

来ないかな

思っています

生を受けて

感謝しかありません

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。