自然の美!

5/1  自然の美!

春先の新緑を

見てますか

感じてますか

味わってますか

桜の花が

すべての人の

目と心をくぎ付けに

してしまうように

春は艶やかに変化します

桜の花が終わる頃には

もう既に

小さな緑の新緑が

始まってますよね

自然んて

なんて素晴らしい

バランスを

保っているのでしょうか

名もない花が咲きます

名も知らない草が

そこには育っていて

私もちゃんと

生きてるよって

そんな

叫びが

聞こえませんか

緑が深くなり

春から夏へと

進んでいきます

そこで

ふと

植物たちの

葉っぱを見てみて下さい

それはそれは綺麗な

沢山の筋状の線が見えます

我々の血管みたいな

葉脈です

小学生の時に理科の実験で

葉っぱを重曹で煮ると

それはそれは綺麗な

葉脈だけに成ります

子供ごころに

凄いなぁ

これって

いったい誰が

造ったのだろうか

まだまだ小学生で

神も仏も知りませんし

兎に角

田舎で

毎日のように

草や葉っぱを

踏みつけて

遊んでいましたから

科学の実験で出てきた

葉脈を見た瞬間に

鳥肌が立ちました

自分たちには

到底出来ない

造れない

葉脈が

植物は

新芽の時から既に

整わせて

産み出している

しかも

植物に依って

千差万別に

織り成す 奇跡のような

素晴らしさ

まだまだ小学生で

植物だけが

凄いなあ

素晴らしいなあ

思っていましたら

中学生になって

人体を学び

我々の身体は

何と60兆個もの

細胞で出来ていて

(現在では37兆個らしい)

しかも

最初は

受精卵と言う

たった1個の細胞

凄くないですか

たった1個の細胞が

60兆個に増えていき

小学生で葉脈で感動した

あの葉っぱの裏が

我々の身体の中の

血管

それも

目に見えない程に細い

毛細血管までも

細胞分裂をする過程で

造られていた

これまた

鳥肌ものの

驚きと感動でした

我々も

自然の恵みなんだ

どんなに

文明が進化しても

神化する事は無い

思います

科学で

葉っぱは造れても

そこに

命は

宿せない

そう思っています

我々が造り出す物は

人工で有って

自然ではない

私はとことん

自然が好きですが

何と言っても

赤ちゃんの肌の極め

まだまだ

20代では

ピチピチですし

ましてや

高校生位で

化粧して

造り出す美で感動より

私は

今しか出来ない

その時々の

美しくさを

受け入れたいですね

最近は

男も化粧が

流行りみたいですが

何で化粧

化けてよそおう

お化けとか

言いますが

化けるより

自然の恵みの美が

素晴らしいなあと

私は思っています

あくまでも

私は

但し

事故その他の諸事情で

人工でなければならない

事も有ります

出来るだけ

自然の恵みで

生きていきたい

一つは

私の願い事ですね

最近の

激しい気候変動や

頻繁に起こる地震も

人工的との

お話しも有ります

9/11に3/11も

人工的に仕組まれた

私には分かりませんが

何かが

自然から逸脱した

エネルギーを動かして

いたら

私は

太陽は

燃えていないと

思っています

だって

宇宙には

水と酸素は無いはず

だから

燃えているはずがない

しかし

信じられない程の

エネルギーの塊だと

信じています

自然が織り成す

本当の美

人工的な美とは

遥かに違う

我々は

自然の中で

共存共栄するのが

一番だと

感謝して

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。