雲が教える事

7/1  雲が教える事

私は趣味で

25年程前より

雲の写真を

撮り続けています

空って

素敵だなぁ

そんな

日々も有りますが

突然

怪しい真っ黒な雲が

やってきて

どしゃ降り

なんて

ここ10年以降ですよね

昔は

ゴールデンウィークが

過ぎたら

6月には

しとしとじめじめで

毎日毎日が

暗くなり

憂うつに

降り続く長雨で

気温もさがり

しまったはずの

暖房器具が

必要な程の

気温がさがり

それから

突然の

入道雲と共に

ピカピカゴロゴロと

雷が始まり

梅雨が

明けたね

麦わら帽子を

恋しがる

季節の到来

日本の夏

緊張の夏!!

違う

金鳥の夏

なんだかほのぼの

そんな感じで

夏!!が

やってきた

はずですが

ここ10年位は

冬場や

春先には

無かった

台風がきたり

3月から4月には

既に

真夏日があったり

梅雨入りより前に

雷が

吠え出したり

天気予報では

何故か

必ず

梅雨入りを

宣言したがり

私達の

昔からの

習慣的な

空模様の概念が

崩されていませんか

以前は

雷雨が来たら

梅雨明けだよ

これが

当たり前でしたね

雲の写真ですが

ここ15年位前から

私が以前行っていた

グアムやサイパンでの

空に浮かぶ

雲が

日本の空に

浮かんでいる!!

皆さんでも

南国の

熱帯や

亜熱帯地方の

雨の振り方は

知ってる方が多いと

思いますが

歩いていたら

突然の雨

お店から出たとたんに

それも

スコールで

激しい雨

しかも

局地的な雨

この

局地的な雨って

ここ10年程前から

よく

TVなんかで

耳にしませんか

小さな島では

降って流れて

川が無いから

それほどの

水害も少ない

しかし

日本では

激しい局地的な雨が

続くと

雨が河川を

反乱に導きます

それで

河川による

災害が多発化してる

これは

気候変動でしょうか?

私の趣味で

雲の写真

南国 亜熱帯地方の

空の雲の様子が

日本でも

普通に

撮れる!

何で

私の

仮説ですが

温帯気候から

亜熱帯気候へ

移動してきた

実は

このほど

カナダの

バンクーバーで

気温が!!

47.9℃となり

49.5℃近くまで

上昇して

熱波で130名以上の

突然死が起きています

気候変動だけ

絶対に

地軸が

ズレている

そんな感じを

私は受けています

梅雨が無い

北海道に

梅雨らしい雨が

生き方

過ごし方

考える時が

来ているように

思っています

宇宙船

地球号に

対してね

感謝して

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です